2019年11月08日

トレノ・ブラック・リミテッド

限定400台で発売された、トレノ・ブラック・リミテッド。

AE86の特別仕様車だそう。

AE86レビン&トレノのスペシャルモデルを知っていますか? スプリンター トレノ・ブラック・リミテッド

これ、知らなかったような・・・

こういうのがあったんですね。

中古車を探してみたところ、ありました。
(グーネットとかカーセンサーに)

自分が見たのは3台。

価格は、
1台⇒ASK
1台⇒377万円
1台⇒327.8万円
で出ていましたよ。
(2019.11)


posted by 元AE86乗り at 00:31| ハチロクトレノ

2019年05月13日

22年目の告白−私が殺人犯です−(映画)AE86トレノらしき車が登場

映画「22年目の告白−私が殺人犯です−」。

韓国映画『殺人の告白』をリメイクしたサスペンス作品です。

VODで視聴したのですが、見ていたらAE86らしき車が出ていました。

白黒のハッチバック(3ドア)トレノ。

AE85の可能性もあるのかな?


ともかく、そのシーンの年代が1995年。

それを表すような小道具として用いられたのではないか、と思います。

AE85/86が生産されていたのは1987年までのようなので、もう"新しい車"ではなくなってきているタイミングにはなりますが。

1995年というと、トヨタのスプリンタートレノは、AE101とかAE111になっている時代になります。

posted by 元AE86乗り at 21:04| ハチロクトレノ

2018年11月29日

RANMARU 神の舌を持つ男(映画)AE86トレノ登場

向井理さん主演の「RANMARU 神の舌を持つ男」。

その映画(2016年公開の鬼灯デスロード編)を見ていたら、AE86トレノが出ていました!

白黒パンダで、ボンネットは黒。

しかも、「藤原とうふ店(自家用)」のステッカーも付いていました。

さらに凝っていたのは、ナンバープレートのナンバーが藤原拓海のと同じ。

ほかのステッカーやホイール、キャンバー角、マフラーやらは藤原拓海車とは違うと思いますが。

あれは、昔流に言う"走り屋"系統の車だと思います。

いま流に言うと、チューニングした車でクローズドコースにてドリフト走行を楽しむ方々の、あの系統。


ともかく、そのハチロクトレノ。

作品内では、ちょっとした役割を担っていましたよ。

posted by 元AE86乗り at 05:56| ハチロクトレノ