2020年03月30日

ソープボックスカートレースにAE86

フィンランドで開催されたRed Bull SoapBox Race(レッドブル ソープボックスレース)の1コマのよう。

頭文字DのAE86をモデルとしたと思われるカートが、ドリフト(?)しながら坂を下っていきます。



ボディには、藤原とうふ店ならぬ、サスタマラ豆腐の文字が。

サスタマラ(SASTAMALA)って何?

と思ったのですが、たぶんフィンランド内の地名です。

このレースの開催地はヘルシンキだと思われ、サスタマラは、この方の地元とかかな?


ともかく、ヨロヨロしながらも、ちゃんとコースを駆け抜けていく・・・

実は、すごいドライビングセンスの方なのかも!?




posted by 元AE86乗り at 22:12| ハチロク ドリフト

2018年01月04日

峠最速バトルードリフト86伝説ー

映画「峠最速バトルードリフト86伝説ー」を動画で視聴しました。

ここでみました→【初回31日間無料/dTV】月額500円(税抜)で映画・ドラマ・アニメ・音楽ライブなど12万作品が見放題!
(※本作品の配信情報は2018年1月4日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。)

田舎の酒屋で働く若者。

彼は軽トラでの配達中、山道でドリフトをしていたりします。

そこに久しぶりに元走り屋の従兄(大鶴義丹さん演)が遊びに来て・・・といったストーリーになっています。

作品タイトルからすると峠でのバトルの話のように思えますが、実際に見てみたら若い走り屋の青春物語・成長物語といった感じの内容でした。

走りに関してほとんど何も知らなかった若者が、いとこの指南やチューンナップ、練習によってレベルアップしていく、と。

自動車競技をしていた人間の目からすると、「う〜ん、微妙」といった感想。
(厳しいかも知れないですが、本音で書いちゃいます!)

なんというか、現実のほうがもっとワクワク・ドキドキ・ビリビリするものがあると思います。

映像作品だから、それは仕方がないか。

ただ、ガレージで眠っていたハチロクが、チューンナップによって大変身する様はよかった。

チューンは途中からプロメカニックの青年(元レーサー)に頼んでやってもらうのですが、見た目も、中身もガラリとかわってカッコイイ車になっていましたよ。

峠最速バトル -ドリフト86伝説-

新品価格
¥400から
(2018/1/4 18:51時点)



posted by 元AE86乗り at 18:52| ハチロク ドリフト

2016年12月06日

榛名ドリフトショーの様子

2016年11月27日に伊香保グリーン牧場(群馬県渋川市金井)の駐車場で行われた「榛名ドリフトショー」。

その様子を撮影した動画をアップしてくださっている方もいらっしゃるようです。


AE86も元気に走行しています。

映像は、他にもあります→榛名ドリフトショー - YouTube動画

ラジコンみたいにツツツーッと滑っていく様子は見ていて面白いですね。



posted by 元AE86乗り at 13:51| ハチロク ドリフト